Canon iVIS mini Xでセッションを撮ってみました

投稿日:

セッションでPA、ドラム入りのアンサンブルを撮ってみました。
Canon iVIS mini X やっぱりいいです!

買ったばかりの時にWi-Fi機能を使って、iPhoneからモニターしながらステージ上で録画のスタート/ストップをやってみたことがあって。たしかに超絶便利なんですけど、録画モードがAUTOに固定されちゃうんですよね。

そうすると、やっぱりコンプかかっちゃうし、それでもドラムはちょっと歪んでしまったりするので。

今回はマニュアル設定で撮ってみましたが、音は断然こっちがいいです。

うーん、どっちで使うか悩むところです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中