Canon iVIS mini Xでセッションを撮ってみました

投稿日:

セッションでPA、ドラム入りのアンサンブルを撮ってみました。
Canon iVIS mini X やっぱりいいです!

買ったばかりの時にWi-Fi機能を使って、iPhoneからモニターしながらステージ上で録画のスタート/ストップをやってみたことがあって。たしかに超絶便利なんですけど、録画モードがAUTOに固定されちゃうんですよね。

そうすると、やっぱりコンプかかっちゃうし、それでもドラムはちょっと歪んでしまったりするので。

今回はマニュアル設定で撮ってみましたが、音は断然こっちがいいです。

うーん、どっちで使うか悩むところです。

ミュージシャンにCanon iVIS mini Xが絶対オススメな理由

投稿日: 更新日:

Canon iVIS mini X という小型ムービーカメラを買いました。結論から言いますと、これは楽器プレイヤーやバンドをやっている人には強くオススメしたい製品です。理由は後述しますが、まずはデモ動画をご覧ください。

内蔵ステレオコンデンサーマイクによるアコースティック・ナイロン弦ギターの音質は十分に高品位であると感じられるのではないでしょうか。そして、エレクトリック・ナイロンの音をライン録りしてもそこそこ良い感じです。ここが大きなポイント。

実はこのライン録り、マニュアルを見ても明記されていません。スペック上は「外部マイク端子」があるという説明しかされていないのです。しかし、それは実際のところマイク/ライン兼用端子であり、ステレオミニジャックをプラグ・インすると、設定画面でライン/マイクの入力切替をすることができるようになります。

実際この動画ではVariax Acoustic 300 Nylonのアウトプットから一旦POD HD 500Xというアンプ・シミュレーター/マルチエフェクターを通し、そのヘッドフォン・アウトからiVIS mini Xの外部マイク端子に繋いで収録しました。

マニュアルで説明されている外部マイク端子の使い方は、文字通り別のマイクを使う想定のものだけです。たしかに被写体のアングル優先で撮影すると内蔵マイクでの定位感があまりよろしくない場合など、外部マイクを使いたくなることはあるでしょうが、実際使えるマイクを別に持っている方は少ないのではないでしょうか。

それよりも現実的なケースとしては、高画質&ノイズレスなライン・レベルの音声入力が求められるケースが多いのではないかと思います。エレクトリックな楽器であれば間違いなくそうですし、オケを流しながらの自撮り演奏動画を撮りたければなおさらです。

しかもこのiVIS mini Xの外部音声入力は、内蔵マイクとのミックスが可能です。ということは、ライヴやスタジオでのリハーサルを収録する場合も、その場所で実際に鳴っている音を内蔵マイクで集音し、なおかつミキサーからのラインアウトを任意の割合でミックスすることが可能になるわけです。

話は前後しますが、これまで演奏動画を撮るためにいろいろな機材を使ってきました。

ZOOM Q3というのを結構長く使っていたんですが、ステレオコンデンサーマイクでもドラム入りの大音量アンサンブルをきちんと撮れるので重宝していました。ただし画質はショボかったです。サンプルはこちら。

その欠点を補い、HD画質で撮れる後継機種ZOOM Q4 HDがほぼ同価格で出たので非常に悔しい思いをしていました。

そうこうしているうちにSONYからはHDR-MV1などという、非常にそそられる製品が登場し、ZOOMからは対抗馬としてZOOM Q4が発売されるという、実に悩ましい状況がありました。そんな中、Canonから本製品の前のバージョンにあたるiVIS miniもデビューしていたんですが、自分の選択肢には入っていませんでした。実際にはまあそこそこ録れる製品ではあったんでしょうけど、ドラムのいるバンド編成で大音量時の耐圧、つまりピークで歪むことなく、かつ低音までしっかり録れるかどうかという点ではZOOMやSONYのような音響・楽器系メーカーに比べると信頼できなかったというのが正直な印象でした。

で、結局どうしたかというと、すでにQ3の使用経験で信頼の置けるZOOMから発売されたiQ5というiPhoneライトニング端子用外付けマイクを購入しました。iPhone 5sの動画品質はなかなかのもので、内蔵モノラルマイクでも小音量のアンサンブルなら全然問題ないくらいなのですが、やはりモノラルは物足りないし、ドラムが入ると音が歪むのは避けられませんでした。そこにこのマイクを追加してやれば下記のプロモーション動画のように鬼に金棒、のはずでした。

いや、悪くはないんですよ。この動画もそうやって撮ったものですから。

しかし、iPhone周辺機器の宿命といいますか、バッテリー持ちと録画時間の限界はiPhoneのハードウェア的なスペックに左右されます。工夫すれば外付けバッテリーで給電しながらライヴをUStreamで配信するなんてこともできましたし、まあ便利っちゃ便利ですが、いろいろと面倒くさいのも事実。ミニ3脚をセットして、雲台につけるためのホルダーを介してiPhoneを固定。外付けバッテリーも併用となるとセッティングがひと仕事です。

そして自撮りがとてもやりにくい。撮影範囲を確認しようと思ったら画素数の低いフロントカメラを使わざるを得ません。せっかく背面に高性能カメラが用意されているのに、それはあり得ません。上の動画を撮った時も何度やり直したことか・・・それでもピントの合い方が微妙だったりしますし。

やっぱりHDR-MV1Q4を買おうかなぁ?価格もだいぶこなれてきたし・・・などと思っていたちょうどそのころ、海外では先行発売されていたiVIS miniの後継機種(海外ではVIXIA Mini X)が大好評を博しており、わざわざ個人輸入する人まで現れました。しかもそのレビューが大絶賛!詳しくははこちらのスペシャルサイトやユーザーのレビューをご覧いただければよくわかると思います。

初代が抱えていた問題点がほぼ解消されたばかりではなく、競合機種にはにはないアドバンテージも再確認できました。

とりわけ重要だったのは「演奏現場でどれだけ簡単に手間なく録画が開始できるか」という点です。

他社製品はどれも別途三脚などを用意しない限り、撮りたいアングルに固定することすらできないのですが、iVIS miniシリーズは本体のみで仰角が変えられるうえにバリアングルモニターなので、撮影範囲を確認しながらテーブルの上でもギターアンプの上でも、最悪床に置いても撮ることができます。何だかんだ言ってもこれは便利。

自分でもiPhone 5sとZOOM iQ5のセットでいろんな場所で撮影をしてきて、設置場所と録音開始までの手間がボトルネックでしたから。

魚眼レンズ的な超広角と標準的な画角を切り替えることもできますから、本体以外には何も持っていく必要がない。このことは非常に大きなアドバンテージです。セッションで自分のプレイを撮ってチェックするのも、できるだけ高画質&高音質であるに越したことはありません。いろいろな設定をテストして、良いサンプルが撮れたらまたご報告したいと思っています。

A GIRL IN THE WATER

動画 投稿日: 更新日:

「水中少女」プロジェクトのリブートを記念して、ちょっとご紹介を。
「水中少女:A GIRL IN THE WATER」とは、クリエイター系SNS「note」発のコラボレーションによるプロジェクトです。

イラストレーターのこいけまいさんが描いた10通りのイラストに合わせて5人のクリエイターが音楽(トラック)を制作、miyabiyaさんがロゴデザインや動画編集を行い、ショートムービーとして発表するというものです。

全作品のプレイリストはこちら。

kermitは10本のうち2本を担当したほか、プロジェクトのスタートに先立ってコンセプト紹介用の動画とスピンオフ作品にも楽曲を提供しました。

その4作品はこちら。

Carnival

動画 投稿日: 更新日:

初出は2009年10月10日ニコニコ動画。もう5年前になりますか・・・リメイクしてオケから全面作り直し。といってもアレンジはとくに変更なし。ただ、ソロは1969年ブラジル製のDi GiorgioというメーカーのSignorinaというモデルを使ってZOOMのiQ5というiPhone用外付けコンデンサーマイクで録ってます。

もえたろう★さんが素晴らしいイラストを描き下ろしてくださいました。
https://note.mu/moetarouhosi

このイラストを受け取ってから、久々に字幕を入れてみようかと思いつきました。でも、ただ最初から最後までべったり歌詞を見せるのではなく、ちょっと不親切なやり方でなおかつ視覚的効果も得られるように。

音源はこちらからダウンロードできます。
https://note.mu/coolguitar/n/na9b0e42e3c56

全9曲+歌詞&MVリンク集入り900円の有料マガジン”kermit’s notes”がお得です。
https://note.mu/coolguitar/m/m8719afdfb058

Sweet Pain

動画 投稿日: 更新日:

2009年ニコニコ動画に投稿した作品をリメイク。
安田 三号さん( https://note.mu/ysd_03 )にイラストを描き下ろしていただき、MVも新しく作りなおしました。
楽曲サウンドファイルのダウンロードはこちら。
https://note.mu/coolguitar/n/n8cd7b186bd86

Suhrのギターを調整してみた

投稿日: 更新日:

IMG_0602新しく買ったSuhr Pro Series S1(NAMM 2006)をちょっと調整してみました。

店頭で試奏した時から「弦高は高めになってます」とは言われていたけど、弾きにくくはなかったのでそのまま使って一週間。

でも、ネックの反り具合を見てみると、ほんの少し順反りになってました。おそらくこれは意図的にそういうセッティングにしていたんだろうと思います。そのほうが一般的には太い音がでますから。

そうは言っても元々精度の高いギターなので、ネックをストレートにセッティングすればもっと弾きやすいはず!というわけでトラスロッドを90度ぐらい締めてあげました。ネック・エンドで調整するタイプなので一旦ネックを外す必要がありましたが、専用の六角レンチがあればネック外さなくても行けるのかなぁ?ピックガードに切り込みは入っているんですが、手持ちのレンチではここから突っ込むのは無理でした。

まぁ、様子をみるときはだいたい1/4(90度)回すって感じですかね。今回はそれでバッチリでした。弦高も下がってより弾きやすくなりましたが音づまりやバズはなし。絶妙な仕上がりです。しかも超高域の倍音(いわゆる「鈴鳴り」)がぐっと出てきました。ストラト使いには堪らんところでしょう。ストラト系のギターを弾かなくなって久しかったので、こういう感覚は忘れていました。

IMG_0612あと、ナットの溝も軽く掃除したせいか、アームを使った時の音程の狂いもより少なくなったような気が。本当にこれは安定してます。素晴らしい。

Wilkinsonは過去に弾いたことあるんですが、どうも印象が良くなかった。なんかアームの角度がボディトップ面に平行というか、角度がなさすぎて使いづらかったという記憶があります。これはぜんぜん違うんですよね。本当に使いやすい。Suhrってきっとすべてにおいてそうなんでしょね。奇を衒った特殊な仕様じゃなく、ちょっとしたところの使いやすさを徹底的に追求している。これは地味だけど本当に素晴らしいところです。やっぱり買ってよかった。

New Guitar

投稿日: 更新日:

Fender Mexicoの2Hum Floyd Rose付きのストラトを売却して、新しいギターを買いました。

http://www.digimart.net/cat01/shop175/DS02182903/

基本的にはJames Tyler Variax JTV-59で、ギターに関するほぼすべての要望は叶えられているんですが、唯一欠けているのがトレモロアーム。それが欲しくて録音用に買ったのがFender Mexico(というか、Floyd Rose)だったわけですが・・・どうもちょっと違う。

いや、録音しようとしていた楽曲では十分に仕事をしてくれましたが、自分が手元に置いて、今後も使っていくツールとしてはいろいろと不満もあったり。

そして、タイミング的にも思い切った買物をするなら(言いたくはないけど)50歳の節目の年である今しかないかな、と。

そしたらこいつに出会ってしまいました。

アームが装着された状態で試奏ができたというのは大きかったです。Fenderの新品なんかだと、アーム差し込み穴にシールが貼られていて、なかなかアーム使わせてくれとは言いにくいですから。(シールが貼られているのには理由があって、穴の中にはトルク調整用の小さなスプリングが入っているので、アームをねじ込んでいない状態では紛失する恐れがあるんですよね)

Marshall JCM900で試奏させてもらったんですが、音も操作性も文句なし。ルックスも杢目ギラギラじゃなくてシンプルなのがまた良し。

で、ヘッド裏の画像を見ていただくと分かるように、実はこれ(というかSuhrのギターって)Buzz Feiten Tuning System(以下、BFTS)がインストールされているんですよね。

最初はそんなことすっかり忘れて、普通にチューニングして試奏してたんですが、歪ませてパワーコードを弾いてみた時にちょっと違和感がありました。あれ?さっきチューニング合わせたよね?・・・いや、明らかにチューニングがおかしい訳ではないんだけど、まとまりはあるけど広がりもあるというか。若干ピッチが微妙な弦が混じってるようなんだけど、全体としては帳尻が合ってるというか。

そんな感じを受けたのもきっとBFTSのせいだったんでしょう。

ちなみに、BFTSでセットアップされたギターを、専用チューナーを使わずにチューニングする方法もありまして。以下のように公式Tipsとしても公開されています。

コルグDT-7以外のチューナーをご使用の際は全ての音をチューナーの”E”に合わせて下さい。

1弦 E 開放
2弦 B 5フレット
3弦 G 9フレット
4弦 D 14フレット
5弦 A 7フレット
6弦 E 開放, 又は5フレットのハーモニクス

弦のゲージもブリッジの設定も変更しなければ、まあこれで行けるでしょう。実際、これで合わせて弾いてみると、何だかコードの響きが明るく聴こえます。不思議!でもずーっと弾いていると最初の新鮮な印象は薄れてきますが。
結構深く歪ませてテンション・コードを弾いてみると、13thや#5thなんかでもスパーッっとキレイに音が伸びます。普段はこんなコード、歪ませて弾いたりしませんけど。

ところで、前述のTipsにもあるようにBFTS専用の補正値をプリセットした対応チューナーが幾つか製品として存在しています。セッティングや弦のゲージを変更した場合は、そういうもので再調整が必要になってきます。
昔はコルグのDT-7が一番有名でした。その後はPetersonPlanet Wavesのストロボ・チューナーがBFTS対応を謳っていたようですね。

IMG_0611そして、何と偶然ウチにもそのコルグのDT-7が眠っていました!
当時、視認性が良くて使いやすいチューナーを探して辿り着いたもので、擬似BFTSは試してみたことがあるものの、まさか本当にBFTS搭載のハイエンド・ギターを自分が所有するとは夢にも思っていませんでした。今頃になって役に立つとは。処分しなくて良かった。

しかし、Suhrの国内代理店であるオカダ・インターナショナルのサイト内でこんな記述を発見してしまいました。

http://www.okada-web.com/guitarandbase/jst/bfts.html

(以下抜粋)

現行のSuhr製品はBuzz Feiten Tuning System 非搭載であっても従来(既存)のギターと比較して音程の乱れが大幅に低減されています。

パワーコード時やソリストにとってはその恩恵を受けにくいBuzz Feiten Tuning System をノンスタンダードスペックとして、Suhr Guitar & Bassのスタンダード製品は煩雑なチューニングやオクターブ調整の手間を省けます。

(中略)

DT-7やストロボチューナーなど専用チューナーを必要としますが、コード(和音)を多用するミュージシャンにとってその効果は絶大です。

つまり・・・

  • BFTSはあんまり必要ない人もいるし、ウチのギターはさらに精度良くなったから、なくても大丈夫だよ!
  • でもコード弾くときはキレイに聴こえるから、欲しい人はオプションでね!

ってことなんですね。

ギター単体でも効果は感じられるんですが、バンド・アンサンブルの中でどう響くかですね。
もし効果アリだったら、もう一本のメインギター:JTV-59にもインストールするという手もあるかな。

今後検証して行きたいと思います。

「うたシュー! with メグッポイド」でAfter The Rainをプレイしてみた

投稿日: 更新日:

ボーカロイド音楽専門レーベルVOCALOTRACKSから配信中の”AFTER THE RAIN“が、スマホアプリで楽しめるようになりました!
「うたシュー! with メグッポイド」(300円)というアプリの中で、同レーベルから配信中のGUMIオリジナル曲を1曲200円で追加購入できるようになっています。

Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.tomomusic.utashoot.megpoid

iOS

https://itunes.apple.com/jp/app/utashu!-with-meguppoido/id770294438?mt=8

追加楽曲なしでも1曲遊べるようにはなってますけど、この価格はちょっと敷居が高い感じでしょうかねー。
もし買って遊んでくれる人がいたら、本当に嬉しい限りですが。

まずは自分の曲で遊べるゲームアプリが公式にリリースされているという事実を、イベントとして純粋に楽しませていただいています。
なんて贅沢!夢のような話です。早速ダウンロードしてiPhone 5sでプレイしてみました。

自分では普段ゲームはほとんどやりませんが、これ結構面白いです。
曲に合わせて歌詞が書かれたブロックが落ちてくるので、それをタイミングよくシュートするわけですが、もちろん曲や歌詞を覚えてるほうが、次に落ちてくる歌詞を予測できるので有利です。歌詞のほかにもボールが落ちてきますので、それもシュートして的に当てることで得点が加算されていきます。

いやー本当に素晴らしいご褒美をありがとうございます!って感じです。

【追記】
スクリーンショットをちょっと撮り直してみました。
iMage Toolというフリーソフトで軽く加工してみたらいい感じになりました。リネーム&リサイズのためのツールとして紹介されていることが多いようですが、角を丸めたり反射や影をつけたりもできますので、なかなかのスグレモノです。

POD HD 500X Unboxing!

投稿日: 更新日:

先日、WHAT’S NEXT Musicians’ Conference in Tokyoの抽選会で当たったPOD HD 500Xですが、さすがに電車で持って帰るのは大変だと思い、着払いの宅急便で送ってもらいました。

9月16日敬老の日、台風の中ようやく到着。待ってました!

さていよいよ開封の儀。

んー、ひとつ気になる点が。

エディットボタンの十字キー周りのパーツが、妙に遊びが大きくてガタつくんですよね。まぁ引っ張ってもポロッと取れてしまうわけではないので、大丈夫なんでしょうが・・・タダで貰ったものなので、文句は言えないか。

もし壊れちゃったら・・・と思って一応保証書を確認してみたり。販売店も購入年月日も書いてない保証書がついてました。当たり前か。

でも、この製品が発売されたのが8月ですから、たとえ購入年月日がなくても少なくとも来年7月いっぱいぐらいは保証期間内として扱ってくれるかな?なんて期待をしてみます。

とにかく、問題の箇所をあまりいじらないように、エディットはできるだけPCとUSBで繋いで、専用ソフトでやるようにしようと思ってます。

サウンドチェックは後ほどまた。

WHAT’S NEXT Musicians’ Conference in Tokyo

投稿日: 更新日:

WHAT’S NEXT Musicians’ Conference in Tokyoに行ってきました、信濃町まで。

たまたま新宿で馴染みのセッションがあったので、途中で失礼してそのまま愛用のJTV-59を背負って。

画像

ショーン・ハリーのデモを最後の方だけ観て、その後はお待ちかねの豪華賞品が当たる大抽選会。
なんと!マジで買い替えを考えていたPOD HD500Xが当たりました!!

画像

なぜか当たる気満々で参加したんですが、本当に当たるとは・・・

ちなみにこれは3等の賞品でした。

2等はJames Tyler Variaxからどれでも好きなの一本。これでももちろん良かったんだけど。

1等はStageSource L2t。これは後でデモを見たら本当に優れものだと思ったけど、車がないと活用できないだろうなぁ。でも本当にすごい。インブリッジタイプのピエゾ内蔵エレアコを繋ぎさえすれば、本体内でモデリングによるアコースティック・シミュレーターを使ってマイクで拾ったようなサウンドに加工してくれるし、リバーブ、モジュレーション、フィードバック・サプレッサー、EQまでついてる全部入り。もちろんマイクも繋ぐことができるので、これさえあればPAのない小さなお店なんかで弾き語りやアコースティック・デュオができちゃう。

あと、USカスタムシリーズのJTV-69USを試奏させてもらったんですが、今まで弾いたどんなギターよりも弾きやすかった!ネックのグリップも思ったよりがっしりしてるし、何よりモデリングを使用しないでマグネティック・ピックアップのみで弾いても素晴らしいギターだということ。たしかに値段だけのことはあるかも。いつかお金貯めて手に入れたい!と思わせるギターでした。

画像

JakeさんのパフォーマンスはYouTubeでは何度も観てるけど、生で観るとさすがにすごい。自分もDream Rigをもっと活用しようと思いましたね。とりあえずルーパー使ってもっと練習しよう。

ぎんじねこさんのセミナーが聴けなかったのは残念。でもとても充実したカンファレンスでした。LINE6のことがますます好きになりました。自分にとってはAppleと同じくらい、かな。

そういえば、StageScape M20dのUIはAppleのGarageBand的だったし、実際客席からiPadを使ってオペレートするデモを見せてくれました。すごいなぁ・・・